読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

午前の散歩をはじめた

仕事柄というか、学生時代からの名残というか、私は夜型生活が完全に染み付いてしまっている。

特に今年はその傾向が強く、寝る時間は深夜の4時くらい、夏の頃だと外が明るくなってから寝ていることも多かった。起きるのは仕事のスケジュールで前後するがおよそ昼ごろ、遅いときは午後に起きることもある。

自宅作業が夜に捗るとか、朝電車に乗る必要がほとんどないなど、私にとっては夜型生活でそこまで困ることもないのだが、やはり店や公共施設など、外は朝から回っている事実を改めて実感することもあったり、このままのサイクルで本当にいいんだろうかと正直思ってしまう。

 

そんなわけで、今週は9時に起きて、家を出てすぐにあるコンビニでコーヒーを買い、そのままぶらぶら散歩するということを試みている。そのため寝る時間も深夜2時ないし3時には寝るようにしている。

もちろん朝9時に起きるなど、世間にとっては遅すぎることくらいわかっている。しかし学生時代から不規則な生活を10年ほど送っている私にとっては比較的早い時間帯なのだ。朝起きるということに体が慣れてきたら時間を早めていこうと思っている。

 

さて結果としては、正直に言う。心身共に調子がいい。

当たり前である。夏と比べてかなり過ごしやすくなった時期、外に出て朝日(にしては遅いのだろうが)を浴びてコーヒーを片手に散歩、新宿駅まで歩きお昼どきになれば遅めの朝食を適当な店でとる。朝日を確認してから寝て、午後起きて後悔するのと比べれば、明らかに健全な一日のはじまりである。

正直悔しいほどに気分がいいので、朝起きてからの散歩は習慣づけていきたいと思ってしまう。

 

もともと散歩は好きである。普段からちょっとした距離なら、電車に乗るくらいなら歩いてしまう。

それに少し歩いたほうが確実に頭が回るのだ。歩きながら考え事をすることもあるのだが、散歩した後に自宅でミックスなどの仕事をしていると集中力も持続するし姿勢も悪くならない。エルゴヒューマンのチェアの上であぐらをかくこともない。

 

まだ朝の散歩をはじめて3日ほどしか経っていないし、私のことだ、習慣づけられるかどうかはまだわからない。習慣づけたいとは思っている。

 

32